なかなか治らない大人ニキビ跡の治し方

大人ニキビができる原因を確認しよう

10代のころにできるニキビは思春期ニキビとも言われ、成長によるホルモンバランスの変化やオイリー肌が大きな原因となってきます。それに対して、20代以降にできるニキビは大人ニキビと言われており、スキンケア不足や生活習慣の乱れが主な原因になってきます。肌に合わない化粧水や美容液を使ったり、間違ったスキンケアを続けていると、肌の新陳代謝が低下してしまう可能性があります。さらに、栄養バランスが偏った食事や睡眠不足、ストレスなどが要因となって大人ニキビができやすい状態になるので注意しましょう。さらに大人ニキビは、肌質の変化も関連してきます。年齢を重ねていくにつれた、じょじょに肌の水分量は低下します。これにより肌質が固くなり、毛穴に汚れを溜めやすくなるので気を付けましょう。

大人ニキビを治す3つのコツ

大人ニキビを治していくためには、3つのポイントに注目することが大切です。1つ目は、ニキビケアにあったスキンアイテムを選ぶことです。大人ニキビでは肌の乾燥が大敵になるため、アルコール成分が含まれていないものを選ぶことが重要です。皮脂を抑えたい場合は、ビタミンC誘導体を活用するのがおすすめです。2つ目のポイントは、食事の偏りを失くすことです。ビタミンAが豊富なにんじんやかぼちゃ、ビタミンCがを補えるブロッコリーやかんきつ類を食べることで、大人ニキビを改善させることが可能です。最後に、生活習慣の乱れを正すことも大切になってきます。ストレスを溜めこまず、毎日6~8時間ほど睡眠をとることで、大人ニキビを綺麗にケアできるうえに、できにくい状態に整えることも期待できます。

© Copyright Persistent Acne. All Rights Reserved.