しつこいニキビ跡ケアの仕方は!?

化粧品を見直してみよう

ニキビ跡にも種類があり、赤みのあるニキビ跡、色素沈着を起こしたニキビ跡、凸凹したクレーターニキビ跡があります。クレーターニキビ跡となると簡単には治りませんが、赤みや色素沈着のニキビ跡であれば、通常は自然と治ります。しかし、この赤みや色素沈着のニキビ跡でも、なかなか治らない人もいるでしょう。そんな人は肌のターンオーバーが乱れている可能性があります。肌のターンオーバーが正常に行われない理由の一つが化粧品です。肌に合っていない化粧品を使い続けることで、肌のターンオーバーが乱れ、ニキビ跡もなかなか治らなくなる原因となります。今使っている化粧品が肌に合っているかは、一時的に化粧品の使用をやめてみることで分かります。一時的に使用をやめてみて、もし肌の状態が良くなるようであれば、肌に合っていない化粧品と判断することができます。

生活習慣もケアでは大切

肌のターンオーバーが乱れる原因は普段使っている化粧品だけではありません。睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足も原因となります。睡眠中には正常なターンオーバーに必要な成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは22時~2時が最も多く分泌されると言われ、ニキビ跡改善のためには、この時間帯はしっかりと睡眠をとることが大切です。また、偏った食生活では、肌に必要な栄養が不足してしまい、ターンオーバーの乱れにつながります。ビタミンやタンパク質を中心に、バランスのとれた食生活をする必要があります。適度な運動をすることで肌の新陳代謝も高まります。ニキビ跡を改善させるためには、肌のターンオーバーの乱れにつながる原因を取り除くことから始めてみましょう。

© Copyright Persistent Acne. All Rights Reserved.